2020年 04月09日 (木曜日)

カテゴリー

2019年11月28日

秋山郷最奥の未開通区間の開通目指し 国道405号未供用区間開設促進期成同盟会設立

191128_01.jpg 191128_02.jpg

 長野県栄村切明から群馬県中之条町・野反湖までの国道405号未開通区間の開通を目指す「国道405号未供用区間開設促進期成同盟会」の設立総会が20日、栄村役場で開催された。同国道は秋山郷の最奥・切明から中津川の源流にあたる野反湖までの間が未だ開通しておらず、地元の秋山郷住民を中心に長く開通の要望活動が行われてきた。かつては草津街道として信濃川の鮭などを運ぶため多くの往来があった同区間。開通後は新潟・長野と群馬を結ぶ観光・物流道路、柏崎刈羽原発の事故を想定した避難道路として期待されている。期成同盟会は津南町、栄村、中之条町3町村と新潟、長野、群馬3県の行政関係者、県議、町村議らで構成され、未開通区間11kmの開通と冬期閉鎖になる悪路・野反湖―和光原間10kmの拡幅整備を求め、国県への要望活動を展開していくとしている。
(写真:設立総会で開通に向けて気勢をあげる関係者と国道405号の未開通区間)
《本紙11月28日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月28日号は・・・・
▼白川勝彦元自治大臣が死去 ほくほく線、あてまリゾートに尽力
▼歴史に花咲くきもの文化 きものの祭典in十日町、市内国民文化祭行事の大トリ飾る〔AR動画あり〕
▼アートの香る街づくりの一翼担い 十日町市芸術協会設立30周年記念式典
▼水防用に1トンパックを常備、堤防改修は国の検証踏まえ見直しも 足滝住民説明会
▼水力発電開始から80年 JR宮中ダム、東電信濃川発電所で合同イベント
▼十日町小嶋屋社長・小林均氏に厚労大臣表彰 生活衛生厚労で
▼縄文国宝の活用とまちづくりを考察 国宝指定20周年シンポジウム
▼桜花レスリングクラブ15周年祝う 日本レスリング協会福田会長ら出席
▼流れに乗り、またも十日町が制す 県女子駅伝、22年ぶり3回目の優勝果たす
▼卒業生を迎え「はたちを祝う会」 川西高等特別支援学校、在校生や保護者らが節目祝う
▼老朽化により水道管が破損 城之古、高山で広く断水やにごり
▼勇屋織物(株)会長・阿部茂壽氏が死去 など

2019年11月21日

議長に吉野徹氏、副議長に風巻光明氏 津南町議会人事

191121_01.jpg

 改選後初の議会となる津南町議会の臨時会が14日に開かれ、正副議長や各委員会の人事が決定した。正副議長は選挙で選ばれ、議長には最年長で7期目の吉野徹氏が選ばれた。吉野氏は平成21年6月から23年11月まで議長を務めており、2回目。副議長選には3期目で総文福祉常任委員長を歴任した風巻光明氏が選ばれた。各委員会の委員長には、総文福祉常任委員会は石田タマヱ氏、産業建設常任委員会は滝沢元一郎氏、議会運営委員会は半戸哲郎氏が就任。桑原悠町長と距離を置く議員が多く要職に就き、今後の議会運営が注目されている。
(写真左から:新議長に就いた吉野氏と新副議長の風巻氏)
《本紙11月21日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月21日号は・・・・
▼竜神の館が休業、会社解散へ 温泉施設存続は「全町的な視野で判断」と桑原町長
▼中里プラネタリウムが休館 運営費に予算つかず、再開未定
▼清津峡「湯処よーへり」が閉館 24日から30日まで無料開放
▼自治活動賞にかわにし夢きゃらばん 新潟県ふるさとづくり大会in十日町市〔AR動画あり〕
▼さらなる申告納税制度の発展誓う 納税表彰式、十日町税務署長表彰に川田政春氏
▼県政功労で尾身県議、一般功労で鈴木登氏、技術賞をきものブレインが受賞 県知事表彰
▼市議会4会派から市長へ要望書 新年度予算編成に向けた要望を
▼「からだとこころの学校」を開講 たかき医院、人口減少阻止には「女性の元気」
▼食生活の大切さに気づいて! 松代高校で改善推進委を講師に調理実習
▼安全・安心な除雪作業を宣言 除雪隊出陣式、園児らと初の「除雪車見学会」も〔AR動画あり〕
▼深秋に4蔵の酒を大いに楽しむ 越後妻有地酒祭り、利き酒大会は若山高志さんが優勝
▼熱狂の舞台、この世は「大宴界」 かわにし夢きゃらばんが公演
▼〈県発明工夫模型展〉県知事賞に村山稜真、藤原維吹君 地元勢がダブルで最高賞
▼学校林と共に歩み70年 水沢中学校が緑化功労者県知事表彰を受賞 など

2019年11月14日

<秋の叙勲>根津敬一郎氏が教育功労で瑞双章 瑞単章に消防の池田益男、山本勝久氏

 秋の叙勲受章者が3日に発表され、県内からは75人が受章した。このうち地元からは教育功労で元公立中学校長の根津敬一郎氏(70・上野)が瑞宝双光章を、また消防功労で元津南町消防団分団長の池田益男氏(69・下船渡)、元十日町市消防団副団長の山本勝久氏(69・小出)の両氏が瑞宝単光章を受章した。
《本紙11月14日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月14日号は・・・・
▼<尾身県議企業団体の会>上沼道八箇峠ー吉田は620億円 灰雨トンネル工事は来秋入札予定
▼清津峡万年橋、県が調査開始へ 関口市長が混雑緩和に期待感示す
▼地域自治組織による生活支援開始 県内初、南部地区振興会が
▼上村憲司前町長の功績に感謝 約200人が集まり叙勲受章祝賀会
▼生産者手取りの最大化に努める JA十日町農協大会、功労者5人に農協賞贈る
▼世界のきもの&高校生きものショー 23日、きものの祭典in十日町
▼人命救助の小野塚さんに感謝状 千歳町の住宅火災で高齢夫婦を救出
▼フォルネットが文芸部門賞、記録誌部門賞に故・滝沢秀一氏 新潟出版文化賞
▼ひとり100円「まちなか食堂」 NPO法人ひとサポ、世代間交流促進に有志で運営
▼足に関心を持って健康長寿を! 爪と筋肉のプロがセミナー開催
▼おらが町みんなで創る防火の輪 小学生防火標語、西小の佐藤暢さんら3人が入賞
▼優勝した十日町チームが市長に報告、選手の今後の精進誓う 県駅伝大会 など

2019年11月07日

新会頭に西方勝一郎氏を選任 十日町商工会議所臨時議員総会

191107_01.jpg

 十日町商工会議所では先月29日、同会議所で臨時議員総会を開催し、会頭選任について、副会頭選任について、専務理事選任について、常議員選任について、監事選任についてを議題として議案審議が行われ、新会頭に西方勝一郎副会頭が就任、副会頭には村山政文氏、高橋俊之氏が留任、専務理事には池田則夫氏が再任された。4期12年務めた丸山秀二会頭が退任する事から後任人事が審議されたもので、青柳安彦選考委員長から選考過程が説明され、新会頭に西方氏が選任されたもの。任期は11月1日から令和4年10月31日までの3年間。
(写真:西方新会頭(中央)と村山(左)・高橋副会頭)
《本紙11月7日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月7日号は・・・・
▼子どもへのスマホの危険を熱弁 尾木ママこと尾木直樹さんが講演
▼インターナショナル美女軍団! ミスコン世界大会出場者84人が清津峡を訪問〔AR動画あり〕
▼市文化協会連合会が第25回文化祭 丸山秀二氏ら4人に褒賞贈る
▼郵便局は買い物サービス支援 津南町の谷内・岡地区で実証事業
▼十日町諏訪神社崇敬会が発足 奉告祭と総会、祝賀会を開催
▼渡邊孝一、石田松男氏が受賞 関東、県伝統工芸士会功労者
▼丸山工務所に関東連盟表彰 交通安全優良事業所で評価
▼〈県中学駅伝〉南が悲願の初優勝、3年生の執念結実 男子は津南が2年ぶり6回目のV
▼〈県高校駅伝〉十高2位、北信越で再度都大路を目指す 下級生主体の女子は4位入賞果たす
▼安吾と十日町の関係を紐解く 松之山と情報館で安吾フェス
▼中国人の心を知ってもてなそう 千手神社奉賛会、龍昌寺の麗艶さん招き勉強会
▼懐メロ愛好会が祝50周年歌謡ショー 特別ゲストに松村和子さんを迎え など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS