2017年 02月22日 (水曜日)

カテゴリー

2016年12月08日

第68回十日町雪まつりの企画を発表 雪まつり合同プレイベント開催

161208_01.jpg 161208_02.jpg

 雪まつり合同プレイベントが30日、クロステン大ホールで開催された。十日町雪まつり実行委員会が主催、キリンユーハークルが共催したもので、年明けの冬に開催される第68回十日町雪まつり、大白倉バイトウ、第29回雪原カーニバルなかさと、第30回越後まつだい冬の陣、婿投げ・すみ塗り、越後妻有雪花火などのデモンストレーションが行われ、関係者が一堂に会して冬の祭りへの理解と親睦を深め、イベントの成功に向けて気勢を挙げた。これまでホワイトミュージアムとしていた合同の冬まつりを、外国人観光客に解り易いように「Snow Country Fest 2017」と変更した。
(写真:合同プレイベントで気勢をあげる関係者と雪像舞台のイメージ)
《本紙12月8日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月8日号は・・・・
▽ゲストにNGT48や華原朋美など 第68回十日町雪まつり雪上カーニバル〔AR動画あり〕
▼地方創世交付金で3施設を改修 1億2千万円で観光施設再生と修繕
▼市児童遊園施設の建設計画提示 青少年ホームと体育館ら跡地に
▼市に産業振興策への要望書 十日町商工会議所が新年度予算に向けて
▼通期見込は6.6億円赤字 北越急行が中間決算と見込発表
▼(株)千手が農林水産大臣賞に輝く 県立毛品評会いちご部門で1位に
▼南部地区振興会が創立10周年式典 市消防団十日町方面隊第1分団に功労金
▼貝野小が30回連続金賞の金字塔 県リコーダーコンテスト、貝野小と馬場小が全日本大会へ
▼響け歌声!果てしなく賑やかに 10日、がちょうの会が30周年コンサート
▼国民栄誉賞・伊調選手にきもの贈呈 十日町市女子レスリング後援会が
▼MVPに佐藤恭平と髙橋ひなた 市陸協がジュニア最優秀選手表彰
▼チャレンジ精神、出会いが重要 ルー大柴さんが講演で半生語る など

2016年12月01日

県政は急ハンドル避け丁寧に進める 囲む会で米山知事が意気込み示す

161201_01.jpg

 「新潟に新しいリーダーを誕生させる会」十日町・津南主催の森ゆうこ参院議員と米山隆一新潟県知事を囲む会が先月23日、ラポート十日町で開催され、支援者ら約170人が参集した。7月の参院選に続き、10月の県知事選に野党共闘体制で連続勝利したことを受け、地元選対による当選祝賀会となった。米山新県知事が地方の囲む会に出席するのは県内初となり大きな注目を集めた。米山知事は県政について「きちんと見て丁寧に進め、米山を選んで良かったと思って頂けるよう全力で取組んでいきます」と決意を示し、火焔型土器聖火台の実現にもタッグを組み国に要請していくと示した。
(写真:児童から花束を贈られた米山知事と森参院議員)
《本紙12月1日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月1日号は・・・・
▼待望の小原バイパス1.9キロが開通 国道353号、山崎交差点から宮中にアクセス
▼晒川ダム供給エリアへの送水能力も 新潟福島豪雨被災の新田川揚水場が完成
▼清津川フレッシュパークに「川っぺり足湯」完成 無料で楽しめる交流施設〔AR動画あり〕
▼十日町警察署松之山駐在所が開所 3ヵ所の駐在所を1ヵ所に統合
▼秋は1日千人余と夏の半減 大地の芸術祭の里秋の入込み数
▼川崎市のものづくり企業が視察 十日町市の製造業と情報交換行う
▼新耐震で熊本激震地3割大破倒壊 建築士会ら研修会で宮澤名誉教授が警鐘
▼十中の中林煕瑠君が県最優秀賞に 青少年読書感想文コンクール
▼「食卓から健康作り」歩み半世紀 食推協やまな会が50周年を祝う会
▼角間・土倉に林野庁長官賞 林道維持管理部門で全国表彰
▼宮澤健二氏の写真も採用 勤労者山岳連盟2017年カレンダー
▼【連載】箱根路を駆け抜けた妻有の勇者達 など

2016年11月24日

44年ぶりに飯山線をSLが走行 十日町駅、津南駅で市民らが熱烈歓迎

161124_01.jpg 161124_02.jpg

 懐かしい汽笛の音を鳴らして、蒸気機関車(SL)C11-325号が、19日・20日の2日間、飯山駅・長岡駅間を往復走行した。前回の飯山線のSL走行は4年前に十日町駅・長岡駅間の走行であったが、今回は十日町駅・飯山駅間の弱い路盤や鉄橋を強化して、長岡駅と飯山駅間の約100㌔を走行した。SLが飯山線全線を走行したのは44年ぶりのこと。うち19日は午前9時13分に飯山駅を発車、10時48分に津南駅、12時38分に十日町駅到着。津南駅、十日町駅ともに大勢の家族連れやSLファンが詰めかけ、SLを歓迎した。
(写真:津南町鹿渡を走るSLと十日町駅でテープカットを行う米山知事ら)〔AR動画あり〕
《本紙11月24日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月24日号は・・・・
▼流水懇を解散し新組織に 「清津川に清流を取り戻す会」が設立総会
▼受難の歴史刻む「平和友好の碑」 中国人強制連行和解で記念碑建立
▼介護職の人手不足続く 有効求人倍率2.2倍超え
▼今後5、6年は県立ではないか 地域医療シンポで吉嶺十日町病院長が見通し
▼十日町市経済の今後を考える 川西けんしん会20周年で伊藤聡子さんが講演
▼高級ブランドの製造工程に興奮 一般女性が根茂レースを見学、「十日町版工場の祭典」に期待
▼村山芳夫氏が経済産業大臣表彰 高圧ガス保安功労者として
▼関谷克浩氏らに税務署長表彰 納税表彰式、優秀作文は宮内華奈さんらに
▼南中「南の森」20周年を記念して増設 来年創立50周年、生徒や住民らが植樹式
▼十日町縁の女優・柳英里紗を特集 十日町シネマパラダイスで2作品上映
▼大きな壁をピンチからチャンスに 車椅子バスケの松永さんが水沢小で夢公演
▼降雨ものともせず女子サッカー大会 奴奈川キャンパスで初開催 など

2016年11月17日

豪雨災害の大型復旧工事が完了 羽根川沿いで2事業合同竣工式

161117_01.jpg

 平成23年7月の新潟・福島豪雨で甚大な被害を受け取組まれてきた羽根川の災害復旧助成事業と田麦地区の砂防激甚災害対策特別緊急事業の合同竣工式が10日、工事が完了した壁面に面した旧六箇小グラウンドで開催され、国県市や地元住民、工事業者など約140人が列席し、事業の完了を祝った。記録的な豪雨発生から5年、河川拡幅などにより羽根川は先の豪雨で発生した70年に1度の確率となる毎秒280㌧の洪水が再度発生しても氾濫しないなど安全性が格段に高まった。市内では晒川復旧事業等に続き豪雨被害に対する主な復旧改良大型事業は農地等を除き完了したことになる。
(写真:ソメイヨシノの若木を記念植樹)
《本紙11月17日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月17日号は・・・・
▼千曲川・信濃川にサケ群遡上を目指す 「復活する会」が発足、会員募集を開始
▼サケ遡上は昨年の3分の1に 宮中ダム魚道調査、昨年の反動や台風も影響か
▼姉妹都市・コモ市で「へぎそば」大好評 十日町市訪問団が活動内容を記者会見
▼きもの文化村構想に推進協が寄贈 きものブレイン本社にかつての同志集う
▼霧の塔と松乃井に優秀賞 第87回関東信越国税局酒類鑑評会で
▼アップルとおかまちが1周年イベント 第1回アップル祭を開催しPR
▼清掃を通して心を磨く 日本を美しくする会が十中で清掃実習
▼買い物客に「火の用心」を呼びかけ 火災予防運動で愛宕幼稚園児らが
▼141年の歴史に幕を下ろす 倉俣小閉校式典に300人参集
▼閉校式に向け気持ち新たに 川西高校同窓会、最後の総会で解散を承認
▼読書おたよりコンクールで最高賞 小山さん親子が県知事賞に輝く
▼急逝した菊扇寿昌会長を偲び 新つまり舞踊協会が最終公演
▼ジュニア五輪へ3選手が挑む 十日町相撲教室の関、黒崎が北信越で初優勝 など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS