2020年 04月08日 (水曜日)

カテゴリー

★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞3月19日号

▼休校の子ども達と保護者を支援 エフエムとおかまちが「おやすみラジオ」
 →https://www.youtube.com/user/fm783/

アドレスをクリックすると、エフエムとおかまちユーチューブサイトから「おやすみラジオ」が視聴できます。スマホ・タブレット端末用ARアプリ「COCOAR2」を使って紙面の写真からも視聴できます。

2020年03月12日

十日町市・コモ市姉妹都市盟約45年 秋には相互に親善使節団が訪問

200312_01.jpg 200320_02.jpg

 昭和50年2月27日、イタリアのコモ市役所で十日町市とコモ市が姉妹都市盟約調印式を挙行し、今年で45周年を迎えた。調印式には十日町市から春日由三市長を団長とする一行28人が参列し、熱狂的なコモ市民の大歓迎の中で、親善使節団としての使命を果たした。一行は調印式を中心に3日間コモ市に滞在し、同市の織物業界や経済、観光業界と懇談し、織物工場や国立繊維技術研究所などを視察した。また、文化・スポーツ面では、使節団のスケジュールに合わせた少年スケート競技大会に招待を受け、コモ市が誇る電池の発明家ボルタ記念館を訪れた。調印式前に春日市長に手紙を寄せたラウラ・クレリッチさん(当時9歳)も調印式に出席、十日町小の子供たちからの手紙、習字などが贈られた。
(写真:45年前の姉妹都市盟約調印式と契約書)
《本紙3月12日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月12日号は・・・・
▼トレーニング室など利用中止 新型コロナ、市町が対策本部を設置
▼春の大売り出しPRを動画配信 まるせんが新型コロナ配慮で決起集会を中止して
▼休校中に学びの場提供 にいがた未来の学校が無料ネット授業行う
▼休校中の子ども達に昼食を 越後十日町小嶋屋が300円ランチ、家族で割引も
▼生涯学び続け、果敢に挑戦を 十日町高校、来賓・在校生不在で卒業式
▼今年も育てたサケを飛渡川に 休校の飛一小に代わって地元有志が企画して
▼木育活動で魅力ある十日町を築こう 妻有木育推進協議会設立、会長に荒川茂樹ポポラ館長
▼かつての地酒「松風」を復活 松之山下川手集落が地域興しで
▼写真展「台湾のジミーワールド」 水沢地区、ジミー・リャオ氏の作品増設目指して
▼竹内ハルさん優秀賞(書)、金賞(写真)受賞 肢体不自由児・者美術展で十日町から多数入賞
▼嘱託員の報酬を誤振込 十日町市が180人分を など

2020年03月05日

市が新型コロナ対策本部設置 一部施設利用中止に

 十日町市は4日、新型コロナウイルス対応として開設していた警戒本部を、関口市長を本部長とする対策本部に格上げした。
 さらに、感染拡大を防止するため、一部施設の利用中止、一部委託事業の中止を決めた。中止期間はともに3月5日~15日までの予定。
 ▼利用中止となる施設…市総合体育館トレーニング室、川西総合体育館トレーニング室、松代総合体育館トレーニング室
 ▼中止される委託事業…生きがいデイサービス(高齢者生きがい活動支援通所事業)実施施設:平成園、びーんず、あったかホームたちばな、茶ぼっこ、ほほえみ、ほほえみ仙田、中里保健センター、ゆうあいセンター、松之山保健センター


◆十日町市、津南町の新型コロナウイルス感染症関連情報
・十日町市→http://www.city.tokamachi.lg.jp/soshiki/sm/04/Coronavirus/index.html
・津南町→https://www.town.tsunan.niigata.jp/soshiki/fukushihoken/haien.html

新型コロナウイルス影響広がる 雪花火などイベント中止、経済活動に波及必至

200305_01.jpg 200305_02.jpg

 新潟県でも先月29日に初の感染者が発表されるなど、新型コロナウイルスの国内感染が広がっている中で、26日に安倍首相が大規模なスポーツや文化イベント等について2週間程度、中止か延期、規模縮小を要請した。これを受けて十日町市では26日、午後4時から関口市長が臨時記者会見を開き、29日に予定されていた「第7回越後妻有雪花火」の開催を中止する事を発表した。雪花火のチケットの払い戻しなどについてはホームページに記載されている。このイベント中止に続いて、十日町市・津南町では雪原カーニバルなかさと(7日)、越後まつだい冬の陣(14・15日)、津南町雪まつり(13・14日)の中止が決定された。これに加えて27日の国の要請に伴う小・中・高校の春休みまでの臨時休業、このほかにも多数が集合するイベントや会合の中止が発表されている。
(写真:2日に開かれた十日町市の警戒本部会議と臨時休校に伴い開設された学童保育)
《本紙3月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月5日号は・・・・
▽十日町市・津南町の小中高校が臨時休業 急遽学童保育開設、初日は周知行き届かず利用少な
▽観光・経済に甚大な被害 対応に追われる人の声
▼保育園統合、竜ヶ窪温泉再開、データセンター状況など 津南町議会一般質問
▼大規模保育園の是非、町議と懇談 町民の会、予算計上阻止めざす
▼子ども達の育ちを最優先に 保護者有志が新保育園予算化を町に要望
▼来場者数は3万9500人 第71回十日町雪まつり、昨年の3分の1に
▼新委員に島田福徳氏 前回不同意の津南町教委人事で
▼トイレットペーパーの注文殺到 ワークセンターあんしん、休日返上で全国の期待に応える
▼感染者発生時の対応は 十日町地域消防本部が報告
▼我々は地域を支える専門家集団 十日町福祉会が取り組み報告会 など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS