2024年 03月05日 (火曜日)

カテゴリー

2024年01月11日

ほくほく線ルートは魅力的な案だ 花角知事が年頭記者会見で高速鉄道検討委の新案に見解

240111_01.jpg

 花角県知事と本紙が加盟する新県政記者クラブとの年頭記者会見が4日、新潟県庁の記者会見室で行われ、花角知事が新年に当たっての抱負を語り、本紙からのほくほく線ミニ新幹線化の質問に対して答えた。また柏崎刈羽原発について、原子力規制委員会が運転禁止命令解除の判断をしたことに対しての考えも述べた。
〔写真:会見で質問に答える花角知事〕
《本紙1月11日号面記事より抜粋》

十日町新聞1月11日号は・・・・
▼〈能登半島地震〉十日町震度5弱、津南震度4 建物に被害、きのこ生産施設でも
▼コロナ収束で回復傾向も地震で失速 年末年始の観光入り込み
▼思い出引き継ぎオープン 旧貝野小学校に冬季キャンプの「雪原学舎」
▼目先の変化は大きな変化となる 関口市長訓示、新しいものを創る気概に期待寄せる
▼地域間競争を生き抜く強さを 桑原町長が仕事始めで職員に訓示
▼令和5年は交通死亡事故ゼロ 十日町警察署管内、統計開始以来初めて
▼山の妖精、再び区間新をマーク 箱根駅伝、山本唯翔がハイライトの山登りで
▼姉妹ランナー憧れの舞台を駆ける 全国駅伝大会、村山愛美沙・愛純美、互いにエール
▼勇馬、入社後初の歓喜 ニューイヤー駅伝大会、弾馬も区間2位の好走
▼元旦の年賀状は23万通を配達、市内全域では35万通 十日町郵便局年賀状出発式
▼洗心会が4年ぶりに新年の初釜 きもの姿があふれ華やかなな茶会に
▼キャンドル灯しクリスマス祝う 十日町教会、「ティンカーベル」が最後の演奏披露
▽地元政治家・リーダーの年頭所感、新春文芸展 など

2024年01月01日

石川県能登で最大震度7の地震 十日町市で震度5弱、津南町で震度4

240102_01.jpg

 1日午後4時10分頃、石川県能登地方を震源とする強い地震が発生した。
 地震の規模を示すマグニチュードは7.6と推定され、石川県志賀町で震度7を観測、十日町市でも震度5弱、津南町で震度4の揺れを観測した。
 午後5時現在、十日町市と津南町ではこの地震による被害は確認されていない。

【2日午後2時追記】
 この地震により、十日町市松之山松口で作業場1棟が倒壊、津南町でも住宅が一部損壊する被害が1件出ている。また、松之山大荒戸・下川手の36世帯、松代片桐山・中子の8世帯で今朝より漏水修理工事による断水が発生している。復旧の見込みは松之山は午後4時頃、松代は未定。

(写真:地震により倒壊した松之山松口の作業場)

2023年12月21日

津南町議会が米・食味分析鑑定コンクールの追加経費900万円を承認 町の見通しの甘さに批判、修正動議も

231221_01.jpg

 津南町議会は12月定例会最終日の15日、今月1、2日に町内で開催された「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」の追加経費900万円を盛り込んだ令和5年度一般会計補正予算案について審議した。議員からは当初の予算額を大きく上まわったことについて見通しの甘さを指摘する声が相次ぎ、石田タマヱ議員は追加経費分を除外した修正動議を提出。一方で、「業者への支払いに支障が出る」「絶対に成功させるという強いこだわりが見えた」として理解を示す声も出され、採決の結果、修正動議は賛成少数で否決、補正予算案が賛成多数で可決され、追加経費の支出が認められた。
〔写真:質疑で米コンクールへの思いを語る桑原町長〕
《本紙12月21日号面記事より抜粋》

十日町新聞12月21日号は・・・・
▼町内旅館に宿泊少なく 米・食味分析鑑定コンクール、キープ解除遅れ客室宙に浮く
▼JR飯山線稲荷町踏切で待望の開通式挙行 1年8カ月の通行止め、幅員は4倍に
▼月額1万5千円引き上げ 津南町議会が議員報酬改正案を可決
▼明石の湯、年末年始開かず 26日から3日まで休館
▼飲酒運転の根絶を 交通安全対策協議会が運動展開、飲食店関係者と出発式 
▼警察と防犯団体がスクラム組んで 十日町署で年末警戒出発式
▼運動用具の購入に ライフスポーツ財団が市に支援金100万円
▼十日町第九合唱団を募集 十日町市文化協会連合会設立30周年記念コンサートで
▼松代地域で地域医療を考える 鈴木和夫松代病院長ら参加しシンポジウム
▼野球障害から球児守れと肘検診 越後妻有ベースボールプロジェクト
▼和食の魅力を次世代に伝えたい 十日町中魚沼調理師会が東小で出前授業
▼年賀状投函は25日までに投函を! 十日町郵便局で年賀状初差出式
▼サインボールは宝物に クロアチアピッチでアルビレディースと子どもらが交流
▼森、渡邉選手が退団 FC越後妻有、2020年からチーム支える
▼110万円騙し取られる 高齢男性が特殊詐欺被害
▽明石の湯は存続、美術館改修計画は白紙に 猛暑で1等米激減、各種イベント再開―特集・この一年を振り返る― など


令和6年1月1日号は大幅増ページの新年特集号!

240101_01.jpg
(令和6年1月1日号表紙・写真/宮澤健二)

主な記事は・・・
▽〈紙上ギャラリー〉1枚の絵が人と人とをつなぐ 菅野光男水彩スケッチ画の世界
▽「少子じゃなく、しょうしい高齢化!」「熊が出過ぎる、クマったもんだ」しゃべっちょ軍団の新春放談
▽2024年は〝昇り竜〟のような活躍を 注目の4人を紹介
▽図画版画、書道・習字、川柳、短歌、詩、俳句―新春文芸作品展―
▽地元政治家・リーダーの年頭所感
▼最優秀プランは「まつだい春の陣定番化」 十日町市ビジネスプラン審査会、市支援100万円目指しプレゼン
▼人気漫画「頭文字D」とコラボ 十日町警察署が原画を特殊詐欺防止ポスターに
▼県境で整備流量下げて大丈夫? 信濃川整備計画変更、住民説明会で不安の声も
▼十日町看護学校、全国三冠の偉業! 全国専門学校卓球選手権大会
▼柳さんと庭野さんを派遣 十日町・コモ交換留学、交流協会が壮行会
▼段十ろうの音響に太鼓判 気鋭のピアニストがCD収録
▼ピアノで心も脳もリフレッシュ 佐藤恭子さんがシニアのための連弾コンサート
▼除雪中か、松代寺田の男性死亡 自宅敷地内で倒れているのを近隣住民が発見 など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

2023年12月14日

〈市議会一般質問〉ほくほく線ミニ新幹線化に大きな期待 関口市長、高速鉄道検討委への参画求める

170316_01.jpg

 十日町市議会12月定例会は1日に開会し、11日までの11日間の会期で行われた。一般質問は4日から3日間にわたって行われ、村山達也、星名大輔、鈴木祐一、根津年夫、高橋俊一、滝沢繁、鈴木和雄、滝沢貞親、富井春美、山家悠平、嶋村真友子の11氏が行い、関口芳史市長らに見解を質した。この中で村山氏が9月末の第4回高速鉄道ネットワークのあり方検討委員会の中で明らかになったほくほく線のミニ新幹線化について関口市長の基本的な考えを問いただしたのに対し、関口市長は「沿線自治体の活性化や経営が厳しい北越急行の経営面でもメリットがある。十日町市をはじめ沿線自治体や北越急行が検討委に参画出来るよう県に要請していく」と答弁した。
《本紙12月14日号面記事より抜粋》

十日町新聞12月14日号は・・・・
▼サツマイモ界のエルメスを作る women farmers Japanが6次化大賞でグランプリ受賞
▼グリーンピアの存続を議論へ 町民と町長の対話会、桑原町長「リゾートとして再生させたい」
▼米・食味分析鑑定コンクールで予算大幅超過 津南町が補正予算提出
▼2等米以下に支援 十日町市が米農家の減収緊急対策
▼認知症への知識や予防法を学ぶ ホープ歯科の阿部昌義院長が講演
▼雪下ろしの事故は対策で防げる 県が安全装備の体験講習会開催
▼応募者900人の中から20人が当選 十日町警察署の防犯機能付き電話プレゼントキャンペーン
▼4年ぶりに念願のライブ トラベリングバンド「ひのき屋」、2000年から松之山地域と交流
▼エンタメ性高い試合楽しんで プロバスケットボールのアルビBB社長が十日町市を訪問
▼十日町の孫娘・小海遥が驚異的な自己新 陸上日本選手権女子1万mで日本歴代7位の記録で3位に
▼最高段位の十段まであと一歩に 十日町珠算学校田沢教室の中澤結月さんが暗算九段に合格
▼小海楽空(吉田中)が2年連続受賞、女子は山賀希生(松代中) 市陸協ジュニア最優秀選手表彰
▼〈障がい者美術展〉徳永薫さんが絵画の部で厚生労働大臣賞 橋本利夫、野上忠義さんは県知事賞
▼一堂に会し伝統文化の醍醐味示す 郡市親善剣道大会、子供から大人まで熱戦を展開
▽歌壇・若山修二、俳壇・大津美月、柳壇・反り目恋昇さん 本紙文芸欄年間賞 など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS