2017年 03月29日 (水曜日)

カテゴリー

2017年01月05日

新博物館は東京五輪直前のオープンに 基本設計が完了

170105_01.jpg

 東京五輪開催目前の平成32年6月の開館を目指す「新十日町市博物館」の基本設計がこのほど、市議会総務文教常任委員会に示された。新博物館基本計画検討委員会が計5回の委員会を重ねた基本計画を基に昨年7月から基本設計を進めてきたもので、昨年11月からは実施設計に入り今年度中の完成を目指している。本体工事着工は今年9月頃を予定しており、建築費22億9400万円を含む建設費概算は24億円を見込んでいる。2階建て新博物館のうち展示スペースは1階部分となり、基本設計の平面図も初めて示された。
(写真:新十日町市博物館基本設計イメージパース)
《本紙1月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月5日号は・・・・
▼<箱根駅伝>服部弾馬が力走、2回目の区間賞 執念のラストスパートで振り切る
▼兄の勇馬は区間5位に 全日本実業団対抗駅伝
▼全国から661人が参加 新雪マラソン大会、2歳から71歳までが走り初め〔AR動画あり〕
▼十日町郵便局が元旦出発式 今年の年賀状は74万2千通、前年比5%減に
▼芸術祭とCFサイトがコラボ 地酒天神囃子をプロデュース
▼元地域おこし協力隊員が開店 中条に「酒好場・ねこのて」を
▼村山宏さんが最高賞の厚労大臣賞 肢体不自由児者美術展書の部で
▼山本貴一さんが国際写真サロンで県内唯一の入選 二ツ屋蓮池のお茶会で初受賞
▼カヌー競技の羽根田選手が強化合宿 スポーツコミッション通じ十日町市選ぶ
▼宮沢大志選手を応援するタオル 後援会が8日に分じろうで販売
▽新春文芸展―詩―ジュニアの部 など

☆★☆あけましておめでとうございます!本年もご愛読よろしくお願いいたします☆★☆

2016年12月22日

多くの来賓が出席し盛大に 水落敏栄氏文科・内閣副大臣就任祝賀会

161222_01.jpg

 7月の参議院選挙で3期目の当選を果たし、文部科学副大臣・内閣府副大臣に就任した水落敏栄議員の就任祝賀会が18日、ラポート十日町で盛大に開催された。水落敏栄後援会(尾身孝昭会長)が主催したもので、宏池会名誉会長の古賀誠氏、宏池会会長で外務大臣の岸田文雄氏、参議院自民党議員会長の橋本聖子氏、米山隆一県知事、自民党県連会長の長島忠美氏、高鳥修一氏、塚田一郎氏、佐藤信秋氏、細田健一氏、村松県議、関口十日町市長、上村津南町長ら多くの来賓が出席し、関係者250人が水落氏の就任を祝った。
(写真:大勢の来賓とともに祝いの鏡開き)
《本紙12月22日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月22日号は・・・・
▼トオコン最優秀賞は「小宿再生ビジネス」 部門賞は「妻有ビール」「酒粕釜焼」
▼竜ヶ窪温泉は地域住民であり方議論を 津南町議会一般質問、原発問題や高齢者運転免許証返納など
▼交流こそが一番のバリアフリー 津南町中心部に障害者福祉施設「いこいの家」開設
▼僻地医療を長年支えた登坂医師を 県知事が功績称えて表彰状贈る
▼十日町警察署がエフエムとおかまちに感謝状 地域の安全安心確保に貢献
▼満点ポイントの有効期限は年内 新トップカードは1月10日から配布
▼白と黒の響き合いに魅せられて 宮澤嶺彩、樋口啓明さんが2人展
▼巨大書を通して生き方を学ぶ 上野小学校で書家・柳澤魁秀氏が特別授業〔AR動画あり〕
▼年賀状は25日までに投函を 十日町郵便局で園児が初差出し式
▽44年ぶりにSLが飯山まで走行、選挙で波乱、施設・復旧工事竣工相次ぐ―特集この一年を振り返る―
▽<本紙文芸欄年間賞>俳句は庭野東石氏が4年連続、短歌は樋熊、川柳は渡辺氏 など


平成29年1月1日号は大幅増ページの新年特集号!
主な記事は・・・・
▽市長選は一騎打ち?市議選は無投票懸念 十日町市長選・市議選特集
▽<新春インタビュー>ミシュラン一つ星 中里出身・村山太一シェフ
▽地域の歴史を刻み、明日を拓く 十日町新聞は今年創刊110周年
▽「今年は酉年、カモがネギをしょって来るかも」しゃべっちょ軍団の新春放談
▽図画、書、川柳、短歌、俳句、詩 新春文芸作品展
▽知事、国会議員、市・町長、県議、地元文化人の新年所感
▼十日町の振袖姿で笑顔の挨拶 伊調馨選手が国民栄誉賞受賞祝賀会で
▼長年にわたる音訳活動を称え 十日町朗読サークルに厚労大臣表彰
▼新潟県悲願の国体初優勝を祝す 男子相撲、主力の村山、橋本選手らを労う
▼2百名山ひと筆書き踏破を語る プロアドベンチャーレーサー田中陽希さん
▼野球選手にはメンタル面が重要 日本ハムの大渕スカウトが講演 など 

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社で販売しています☆★☆

2016年12月15日

<市議会一般質問>「白紙の状態で考える。2期8年は重い」 関口市長、市長選出馬への明言避ける

 十日町市議会12月定例会は5日から3日間にわたって行われ、飯塚茂夫、大嶋由紀子、村山邦一、安保寿隆、鈴木和雄、吉村重敏、藤巻誠、太田祐子、小林均、小野嶋哲夫の10氏が市政全般について関口市長らの見解を質した。この中で飯塚、藤巻の両氏が来年4月に予定されている市長選出馬を問い質したのに対し、関口市長は「白紙の状態でもう1回考える。2期8年は重いものがある。8年近くやったことを重く考えて、改めて考えたい」と述べるにとどまり明言を避けた。
《本紙12月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月15日号は・・・・
▼市議選に向け2新人が出馬表明 ともに引退する現職の後継候補に
▼市小水力発電発電計画も委員会で検証か JR宮中ダム魚道のFU委員会で質疑
▼環境エネルギー部新設へ 十日町市が新年度の組織編成方針
▼市職員平均支給額は74万円、町職は60万円 公務員に冬のボーナス
▼〈冬の交通事故防止運動〉飲酒運転急増中!根絶訴え運動 ステッカー作戦や飲食店訪問など
▼気をつければ予防できる病気 エコノミークラス症候群無料検診に500人
▼遠田観月、品田梢さんをイタリア・コモ市へ 11回目の姉妹都市交流事業
▼十日町ACが地元勢過去最高の8位に 全国小学校クロカンリレー大会で
▼下条スピリッツの中町龍之介君が県選抜メンバーに 台湾国際少年軟式野球大会に出場
▼結成10周年の思いを歌に込め 雪の華がクリスマスコンサート〔AR動画あり〕
▼英、独、日の3人の若者が作品展 松之山上蝦池やまきわ美術館で など

2016年12月08日

第68回十日町雪まつりの企画を発表 雪まつり合同プレイベント開催

161208_01.jpg 161208_02.jpg

 雪まつり合同プレイベントが30日、クロステン大ホールで開催された。十日町雪まつり実行委員会が主催、キリンユーハークルが共催したもので、年明けの冬に開催される第68回十日町雪まつり、大白倉バイトウ、第29回雪原カーニバルなかさと、第30回越後まつだい冬の陣、婿投げ・すみ塗り、越後妻有雪花火などのデモンストレーションが行われ、関係者が一堂に会して冬の祭りへの理解と親睦を深め、イベントの成功に向けて気勢を挙げた。これまでホワイトミュージアムとしていた合同の冬まつりを、外国人観光客に解り易いように「Snow Country Fest 2017」と変更した。
(写真:合同プレイベントで気勢をあげる関係者と雪像舞台のイメージ)
《本紙12月8日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月8日号は・・・・
▽ゲストにNGT48や華原朋美など 第68回十日町雪まつり雪上カーニバル〔AR動画あり〕
▼地方創世交付金で3施設を改修 1億2千万円で観光施設再生と修繕
▼市児童遊園施設の建設計画提示 青少年ホームと体育館ら跡地に
▼市に産業振興策への要望書 十日町商工会議所が新年度予算に向けて
▼通期見込は6.6億円赤字 北越急行が中間決算と見込発表
▼(株)千手が農林水産大臣賞に輝く 県立毛品評会いちご部門で1位に
▼南部地区振興会が創立10周年式典 市消防団十日町方面隊第1分団に功労金
▼貝野小が30回連続金賞の金字塔 県リコーダーコンテスト、貝野小と馬場小が全日本大会へ
▼響け歌声!果てしなく賑やかに 10日、がちょうの会が30周年コンサート
▼国民栄誉賞・伊調選手にきもの贈呈 十日町市女子レスリング後援会が
▼MVPに佐藤恭平と髙橋ひなた 市陸協がジュニア最優秀選手表彰
▼チャレンジ精神、出会いが重要 ルー大柴さんが講演で半生語る など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS