2018年 11月14日 (水曜日)

カテゴリー

2018年08月16日

伊達の林道で殺人死体遺棄事件 遺体は新潟市の24歳女性と判明

180816_01.jpg

 11日午後4時20分頃、市内伊達甲地内の林道で女性の遺体が見つかった。遺体の背中に包丁が刺さっていたことなどから、県警は何者かが女性を殺害し遺棄した殺人・死体遺棄事件と断定、12日に十日町署に捜査本部を設置し捜査を開始した。14日、DNA鑑定の結果などから遺体は、今月1日から行方がわからなくなっていた新潟市中央区の職業不詳・谷愛美さん(24)と判明。死後10日前後経過しており、現場の形跡などから殺害された後、現場まで運ばれ遺棄された可能性が高いとみられている。現場は田麦集落から約600メートルと人家や観光施設に近く、地元では不安が広がっている。
(写真:遺体が見つかった現場・市内伊達甲)
《本紙8月16日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月16日号は・・・・
▼縄文国宝の全5自治体初の揃い踏み 5首長懇談会で今後の連携強化を確認
▼渇水対策や慈恵医大訪問など 桑原町長が初の定例記者会見、医師増員に手応え
▼コモ市から交流協会道しるべ来市 8人が芸術祭観賞などで交流
▼上流土砂の堆積さらに増加中 2年ぶりに市民団体が清津川探索
▼川西にいがたLCのYCE生のラウル君が市長表敬訪問 新会員に行政書士の春日氏
▼真霜きららさんが最優秀賞に 中学生わたしの主張郡市大会
▼西小ファイブが2年ぶりに優勝 市長杯学童野球、5回目の栄冠は最多タイに
▼十日町・津南を4泊5日歩き 越後つまり100km徒歩の旅がゴール
▼県内初のメガネ供養祭を実施 ミヤコヤに101組のメガネ集まる
▼ガードロープに衝突し死亡 東京都のバイク男性が
▽連載「大地の芸術祭巡り」―川西地域―〔AR動画あり〕など

2018年08月12日

伊達の林道に身元不明遺体 殺人事件として捜査

 11日午後4時20分頃、市内伊達甲地内の林道で身元不明の遺体が見つかった。
 現場は羽根川にかかる大河原橋から南西約700メートルの地点で、バイクで走行していた人が「山中で人の遺体らしいものを発見した」と十日町署に通報した。
 解剖の結果、遺体から刃物の跡が見つかったことから、十日町署は12日、殺人死体遺棄事件として捜査本部を設置し、捜査を始めた。
 遺体は20代女性とみられ、身長約165センチ、体格やせ型、黒のカーディガン、ボーダー柄キャミソール、薄青色ワイドパンツを着用、一部白骨化していた。8月上旬に死亡したとみられている。

2018年08月09日

地方創生先駆地として十日町市を訪問 梶山創生担当大臣が池谷と芸術祭を視察

180809_01.jpg

 梶山弘志内閣府特命大臣(地方創生、規制改革)が先月30日、新潟市で新潟県醸造試験場と環境制御型トマト栽培施設や農家レストランを視察した後、地方創生の先進的な取組みを行っている事例視察として十日町市を訪れ、池谷集落で移住就農者らのグループと意見を交換し、前日開幕の「大地の芸術祭」拠点施設の越後妻有里山現代美術館キナーレを視察した。梶山大臣は大地の芸術祭や生き生きと活動している移住者達の様子を踏まえ「しっかりした地方創生の取組みをされている」と高く評価していた。
(写真:池谷集落で移住者と懇談する梶山大臣)
《本紙8月9日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月9日号は・・・・
▼核廃絶平和都市宣言の記念碑 原水禁市民大会、除幕式で平和への思い新たに
▼出穂期水田で給水を週1の危機 渇水深刻、魚沼コシ特A復活に影
▼「本当にありがとうございました」 村松前県議が退任報告会でお礼
▼灰雨の次は十二峠新トンネルを 期成同盟会総会で尾身県議強調
▼初の統一「魚沼米リーフレット」 魚沼米対策会、産地発信FBと共に8月作成
▼地元クラフトビール「妻有ビール」を予約販売 てーぶるくろす十日町店が
▼駅東口公園に「喫茶TURN」開設 日比野氏作品、アートと福祉の初共生
▼大地の芸術祭とコラボ 高靇神社で地元の太鼓や舞踊、雨乞いも
▼中越フェニックスが全国大会へ 全日本女子軟式野球大会、郡市から4人
▼グランプリは魚沼市の星正太郎さん 十日町きもの月間写真コンテスト
▼松乃寿司のキャベツ巻を題材に 漫画「戦争めし」作者・魚乃目さんが描くきっかけに
▽連載「大地の芸術祭巡り」―十日町地域―〔AR動画あり〕など

2018年08月02日

第7回大地簿芸術祭が開幕 44の国と地域から作家が参加、378作品展開

180801_01.jpg

 十日町市と津南町の広域で3年に1度開催される「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2018」が先月29日に開幕した。市内本町6の「越後妻有里山美術館・キナーレ」で同日午前10時から開会式が、参加作家や来賓が出席して盛大に開かれた。大地の芸術祭は2000年に開始され、今年は第7回目となり、44の国・地域から335組のアーティストが参加し、計378点の作品が展示される。
(写真:開会式に出席した関口実行委員長ら関係者と参加作家)
《本紙8月2日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月2日号は・・・・
▽「香港ハウス」が香港政府支援で開所 津南の上郷クローブ座前に新築落成
▽清津峡渓谷トンネルの全作品完成 芸術祭の初日朝にグランドオープン
▽林文科大臣もファンとして魅力説く 華やかに芸術祭オープニングレセプション
▽ラッピング列車「DAICHI」号 北越急行が芸術祭に合わせて運行
▽「地消地産」の精神で補助金に頼るな 平山元知事が芸術祭の歩みを述懐
▼市医療福祉総合センターの建設に着手 来年9月完成目指し、工事費14億円で
▼児童遊園屋内施設の安全祈願祭 冬でも雨でも遊べる屋内施設
▼松之山温泉「ナステビュウ湯の山」が再開 温泉枯れての休業から15カ月ぶりに
▼八箇峠道路開通記念碑の除幕式 昨年11月の開通を記念し建立
▼7年前の水害を忘れず 田川右岸でキャンドルナイト
▼十日町中昭和47年卒業生が純銅募金箱で母校に寄附 還暦記念3度目の成人式挙行し
▼中林樹輝君がフラッシュ暗算十段に 県内で初、抜群の集中力で合格 など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS