2017年 02月22日 (水曜日)

カテゴリー

2016年11月10日

29年度から魚沼市が新規加入 信濃川火焔街道協議会が臨時総会

161110_01.jpg

 信濃川火焔街道連携協議会の臨時総会が1日、津南町のニュー・グリーンピア津南で開催された。議事では十日町市、津南町、長岡市、三条市、新潟市に加えて魚沼市の加入、平成28・29年度の役員として上村津南町長が会長に、磯田長岡市長が副会長に就任などを審議して、同協議会に平成29年度から魚沼市(大平悦子市長)が加入することが決まった。この臨時議会に合わせて、日本郵便㈱・魚沼地区連絡会から、「なんだ、コレは!信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化」のフレーム切手の贈呈式が行われた。
(写真:上村会長にフレーム切手を贈呈する青木会長・右)
《本紙11月10日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月10日号は・・・・
▼<秋の叙勲>高橋敏二氏に旭日双光章、上村英雄氏に瑞宝単光章
▼津南町農業協同組合が合併50周年式典 3小学校に農業教育資金を贈呈
▼根津一良氏に文化賞を贈呈 市文化協会連合会が文化祭開催
▼200万人目は新潟市の海津さん 清津峡渓谷トンネルで達成記念イベント
▼税務署の中條重文さんが優勝 きき酒選手権予選会
▼近年はジュニア育成強化に尽力 十日町市バレーボール協会が設立60周年式典
▼大切な人を悼られた貴方へ 虹のホールで初の「虹の架け橋コンサート」
▼<県中学校駅伝>津南男子連続2位、南女性は3位 アベック制覇の小千谷に屈す
▼中条中の岩田大空君が県知事賞 県発明工夫模型展、「最強ゴジラ」で最高賞に輝く
▼<県剣道大会>樋口秀夫七段が3年ぶり制す 50代の部、3回目優勝は史上初
▼アボリジニ作家とアート交流 中心市街地と浦田で親交深める〔AR動画あり〕
▼市内小泉第2で深夜火災 空き家が全焼 など

2016年11月03日

商工会議所会頭に丸山秀二氏を再任 新副会頭に西方、村山、高橋氏

161103_01.jpg

 十日町商工会議所(丸山秀二会頭)では27日、同会議所で臨時議員総会を開催し、3年の任期が満了する会頭、副会頭、専務理事、常議員・監事の選任について審議し、会頭には丸山秀二氏を再任、副会頭には西方勝一郎氏(㈱根茂レース)、村山政文氏(㈱村山土建)、高橋俊之氏(㈱ミヤコヤ)を選任、専務理事には池田春夫氏を再任、監事には澤野利弘氏(十日町社会保険労務協会)、酒井栄一氏(酒井税務会計事務所)、千原祥一氏(千原㈱)を選任した。任期は平成28年11月1日から平成31年10月31日。
(写真:丸山会頭=右から2人目=と新副会頭)
《本紙11月3日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月3日号は・・・・
▼芸術祭に学校無対応は残念と関口市長 市総合教育会議、ふるさと教育で活発意見
▼県先進事例の十日町市まちづくり 新潟・長野建築士会ら初交流会で視察
▼1組婚約、5組交際中 市ハピ婚サポートセンター実績
▼新校舎の完成を祝う 中条小と川西中で竣工記念式典挙行
▼賑わった「木協フェス」 魚沼木材協同組合が創立50周年記念で
▼丸山町が50周年記念式典挙行 先人に感謝して3人に感謝状贈る
▼<県高校駅伝>十高女子2位、都大路叶わず 男子は横山徹が連続夢舞台へ
▼<県競書大会>遠田望さんが2年連続県知事賞、十高に優秀団体賞
▼事故や障害、災害も前向きにとらえ 両手義手の画家・大野勝彦さんが講演〔AR動画あり〕
▼松之山縁の女優・草村礼子さんが挨拶 映画「ベトナムの風に吹かれて」で認知症母親を好演
▼為末氏が十日町市でかけっこスクール 親子ら60人に走りの秘訣伝授
▼劇場型詐欺の容疑者を逮捕 神戸市の20代男女、市内女性が200万円の被害 など

2016年10月27日

独自販売拡大を目指し核施設建設 JA十日町が利雪型低温倉庫・精米施設

161027_01.jpg

 JA十日町(田口直人経営管理委員会長)では米の品質・食味の向上と雪室貯蔵による有利販売を目指した核施設「利雪型低温倉庫・精米施設」を川西地域上野地内に建設することになり、その起工式が21日、現地で執り行われた。これは精米機能の移転・増強と、物流合理化と雪冷熱活用でコスト削減を目指し、一段と激しくなっている産地間競争を勝ち抜くための切り札とも言えるもの。施設の総事業費は約12億円で、来年3月の完成を予定している。
(写真:利雪型低温倉庫・精米施設の完成イメージ)
《本紙10月27日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月27日号は・・・・
▼SL44年ぶりに飯山まで 秋の飯山線で試運転始まる〔AR動画あり〕
▼大災害の経験を次の世代に 中越地震発生日に市総合防災訓練〔AR動画あり〕
▼土砂災害を想定し避難訓練 岩手土砂災害うけケアセンター三好園しんざが
▼コミュセン移築で保育園改革 手狭となった高山保育園課題解決へ
▼グッドデザイン賞ベスト100に 分じろう十じろう設計取り組みが
▼十日町シルバー人材センターが30周年式典 会員数5千人、受注額4億円に
▼羽根川の魚影復活願い稚魚放流 新潟・福島豪雨で被災、5年に及ぶ護岸工事完了へ
▼サケ遡上は昨年の半減 飛渡川・道城巻橋でも確認
▼キャラ名は「♨ゆーふく」に決定 とおかまち雪国温泉とらふぐ
▼ナカゴでハロウィンフェス 初のイベントに大勢の仮装
▼樋口政幸選手が凱旋帰郷 リオパラリンピックを市民に報告
▼将来のオリンピック選手目指し ジュニア五輪陸上に十日町から4選手 
▼杉伐採作業中の男性が死亡 松代千年の森林で など

2016年10月20日

新知事に野党系初の米山氏 原発争点に森氏を6万票差で破る

161020_01.jpg

 任期満了に伴う県知事選挙が16日に投開票され、原発再稼動問題を最大争点に挑んだ共産、自由(旧生活)、社民推薦で医師の米山隆一氏が、自民、公明推薦で前長岡市長の森民夫氏を6万3千票差の大差で破り、無所属新人4氏の戦いを制して初当選した。米山氏は現状での柏崎刈羽原発再稼動を明確に否定し、原発への県民の圧倒的な不安の受け皿となり圧勝、国が進めるエネルギー政策に大きな影響を与えそうだ。本県初となる野党系知事の誕生。一夜にして県議会野党となった自民党が約3分の2を占めており県政の混乱が予想され、原発問題に埋没した形の山積する県政の課題に対して、米山新知事の手腕が問われそうだ。
(写真:米山氏当選で万歳三唱を行う支持者)
《本紙10月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月20日号は・・・・
▽市民運動の輪を二重、三重に 米山陣営、連勝に手応えつかむ
▽肩を落とす森陣営 原発問題に足すくわれる
▽「泉田路線継承は賛成」と関口市長 新知事への期待も表明
▼<市展>市展賞に小川隆(書道)中豊和(現美)氏 写真は総合高の雲野茜さんが受賞
▼市総合戦略等を外部委員が検証 第1回市総合戦略等推進会議を開催
▼優秀施工者で国交大臣顕彰 蕪木板金の星名信行さんが“建設マスター”に
▼山田善一氏に瑞宝単光章 平成28年秋の危険業務叙勲で
▼妻有福祉会初のグループホーム エンゼルハウス北新田が開所
▼古紙とペットボトルでポイント イオン十日町店がリサイクルステーション開設
▼ふれあいの丘支援学校で出前教室 十日町建築組合青年部が
▼NPOが初の縄文カレンダー 美しい12枚に国宝火焔型土器
▼ギャラリートークで創作語る 彫刻の藤巻秀正氏が自作展で
▼陸上自衛隊が車両体験試乗会 中心市街地で行進訓練も〔AR動画あり〕
▼<中越中学駅伝>男子・津南、女子・南が2位 来月の県大会で全国大会に照準 など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS