2022年 01月22日 (土曜日)

カテゴリー

2022年01月21日

【新型コロナ】十日町市で4人、津南町1人が感染

 新潟県は21日、十日町保健所管内の5人(十日町市4人、津南町1人)を含む221人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 21日に発表された県内の感染者は、新潟市発表分の249人と合わせて470人で、20日の469人を上回り3日連続で過去最多を更新。十日町保健所管内での感染確認は合計262人となった。
 県によると、十日町保健所管内で新たな集団感染として、飲食店関連の感染が確認された。21日発表の管内5人のうち2人がこの関連。

 また県教育庁は21日、県立十日町総合高校に勤務する教職員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県によると、この教職員は感染可能期間に出勤していないため、県では学校内での感染拡大がないと判断し、同校で臨時休業は行わない。

 また十日町市は21日、市議会議員1人(70歳代男性)の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。22日の県発表には含まれておらず、22日分になるとみられる。
 当該議員は19日に保健所の指示により濃厚接触者としてPCR検査を実施したところ、21日に陽性が判明した。議員は8日以降登庁しておらず、詳細な行動歴や濃厚接触者は十日町保健所で調査中。市では今後、調査結果を踏まえて必要な対応を行っていくという。

2022年01月20日

【新型コロナ】十日町市で3人が感染

 新潟県は20日、十日町市の3人を含む200人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 20日に発表された県内の感染者は、新潟市発表分の269人と合わせて469人で、19日の442人を上回り2日連続で過去最多を更新。十日町保健所管内での感染確認は合計257人となった。

【新型コロナ】教職員1人感染で中条中休校

 十日町市は20日午前8時半頃、市立中条中学校の教職員1人の新型コロナウイルス感染確認を発表した。教職員は19日に発熱。市内医療機関を受診しP C R検査を実施したところ、同日午後に陽性が判明した。
 市によると、中条中は20日から当面臨時休業し、濃厚接触者等の調査及び校内の消毒作業完了後に再開する。

〈北京冬季五輪〉宮沢大志・児玉美希選手を激励 十日町市スキー協会が壮行会 

220120_01.jpg

 北京2022冬季オリンピックへの出場を確実にした、十日町市出身の宮沢大志(30・JR東日本スポーツスキー部)と児玉美希(25・太平洋建設SC)の激励壮行会が12日、段十ろうで開催された。両選手は12月に北海道で行われた全日本スキー選手権大会・クロスカントリー競技で総合2位以内に入り代表に内定。宮沢選手はソチ大会に続く2度目の出場、児玉選手は初めての五輪出場となる。北京オリンピックは来月4日から20日に開催され、クロカン種目は5日から20日まで、全12種目が行われる。
(写真:恩師らから寄せ書きを贈呈される宮沢・児玉選手)
《本紙1月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月20日号は・・・・
▽五輪内定の先輩にエール 児玉美希選手が母校・吉田小学校を訪問
▼十日町雪まつりは今年も中止 感染拡大うけ、代替企画はなし
▼ワクチン3回目接種を前倒しで実施 十日町市、集団接種は来月14日から
▼対象年齢は20歳のまま 津南町成人式、名称は変更
▼7酒蔵が参加して「越後妻有酒まつり」 オンラインイベントやコラボ料理など展開
▼胡坐をかき膝詰めで本音の意見交換 関口市長「市長とふれあいトーク」が節目の300回
▼ポストコロナを見据え 地域おこし協力に新坂志保さんが新たに赴任
▼無病息災、家業繁栄を祈って 松之山温泉で「むこ投げ」「すみ塗り」〔AR動画あり〕
▼コロナ禍で手を消毒しての「さいの神」 宮下公園で地域住民のみの参加で
▼〈中高スキー県大会〉中学女子リレーは南中が4連覇 我田(十高)、牧田(松代中)が距離2冠
▼松永哲一さんが車いすバスケ天皇杯に初出場 21日から東京で大会、健闘誓う
▼松之山野鳥愛護会が「増補改訂版探鳥のしおり」を制作 まつのやま学園に寄贈、販売も
▼ふるさとへの思いを込めて米づくり 十日町小5年生がきらめき米を販売
▼今シーズンは昇格を叶える! FC越後妻有が市長訪問、応援ダンスの実演も
▼松代苧島で火災 住宅と作業場が全焼
▼来迎寺住職・小林賢有氏が逝去 など

☆★☆郡市内の新聞販売店・コンビニ、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS