2021年 06月23日 (水曜日)

カテゴリー

2021年06月17日

4店舗全て譲渡しAコープ事業から撤退 JA十日町通常総代会

210617_01.jpg

 JA十日町(柄澤和久経営管理委員会長)の第23回通常総代会が12日、クロステン大ホールで開催された。議案では業務集約を図るため、松之山なめこパッケージセンター業務を有限会社松之山きのこに、また子会社事業のAコープ4店舗(中里店、下条店、松代店、松之山店)を有限会社メルシーさとうに、それぞれ事業譲渡することが承認された。JA十日町グループの決算状況は、㈱ラポート十日町がコロナ禍で甚大な影響を受けたことから当期損失金は約2億2300万円となった。JA本体の当期損失金は約1200万円だが、これは農林年金の特例業務負担金引当金約2億1100万円の特別損失への計上があったためとし、コロナ禍による業績低迷ではなく、次年度以降への影響はないとしている。
(写真:通常総代会で挨拶する柄澤経営管理委員会長)
《本紙6月17日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月17日号は・・・・
▼〈十日町市〉ワクチン接種は高齢者の17%完了 接種スピード加速、8月から64歳以下へ
▼飲食関係者臨時PCR検査は全て陰性 市長「飲食店は県感染症対策認証の取得を」
▼〈花角知事記者会見〉信濃川・千曲川中抜け区間解消は 花角知事は議論を始めたと認識
▼シャクヤクを新幹線輸送 津南町がJR東日本らと連携、来月にはユリも
▼新理事長に大島勉氏が就任就任 シルバー人材センター総会、消雪業務伸び契約金額は微増
▼津南ドローン協がドローン農業散布講座 制度変更見据え指導体制強化へ
▼サウナ、名水水風呂で再起、躍進を 竜ヶ窪温泉・サクラパイレーツ、コンビニ機能など地域に根ざした運営も
▼ミヤコヤが創業90周年であんしんトイレットペーパーを配布 今後も地球に根ざした店目指し
▼松代高校で早稲田松代塾を開講 大河内教授が大気汚染の実態を講義
▼明るく一歩を踏み出せるように 佐藤可奈子さんが小説「マザージャーニー」発表
▼珍しい黄色のツチガエル まつのやま学園の児童が発見
▼がんばれ服部勇馬選手! 中里中学校、応援キルトに全校生徒が寄せ書き
▼全員主役の水沢ファイターズ優勝 若獅子旗争奪小学校野球大会 など

☆★☆郡市内の新聞販売店・コンビニ、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

【急募】十日町新聞スタッフ募集

■広告デザイナー(正社員)
新聞の広告デザイン、紙面製作ほか
イラストレーターが使える方
年齢:35歳まで

■新聞配達員
基本的に週1回、水曜日夕方のみの配達です
配達区域:本町西1、袋町、昭和町1、栄町
年齢:不問

●お問い合わせは—―
(株)十日町新聞社
新潟県十日町市北新田第3
電話 025-752-3118
メール info@tokamachi-shinbun.com

2021年06月10日

十日町市内で東京五輪聖火リレー 地元出身オリンピアンら14人が聖火つなぐ

210610_02.jpg 210610_03.jpg 210610_04.jpg 210610_05.jpg

 東京オリンピックの聖火リレーが4、5日の両日、県内で行われ、4日には14人のランナーが十日町市内を駆け抜けた。市内のコースは国道117号線本町通りを中心とした段十ろう〜キナーレ間、市道本町西線を中心とした十日町駅西口ロータリー〜市博物館間の2区間で一般車両の通行を規制して行われ、ゴールの博物館では聖火納火などを行う「ミニセレブレーション」を開催。リレーでは市民や地元出身のオリンピアンらが聖火を繋ぎ、新型コロナ禍の開催で人出は少なかったものの、沿道ではランナーに声援を送る住民の姿も見られた。
(写真:ゴールに到着した服部風馬さん、市内を走る宮沢大志さん、高木成子さん、トーチキスを行う中島由貴さんとみーみさん)
《本紙6月10日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月10日号は・・・・
▽聖火リレーを市あげて祝福 ゴール地点でセレブレーション
▼【特集・座談会】へぎそば一筋100年〜想いをつないで暖簾を磨く〜 小嶋屋総本店が創業100年目
▼高精細複製品「形をうつす」特別展 十日町市博物館、重文遮光器土偶と国宝火焔型土器が共演
▼黒姫神社で織物組合関係者が参拝 黒姫請の結成160年を記念して六郎忌
▼〈姉妹都市交流〉コモで十日町産ゆかたを展示 現地学生がデザイン、3月に寄贈
▼〝五輪ネーム兄弟〟も応援 東京オリパラ・聖火リレー、野澤さん一家が沿道や式典で
▼津南産ユリなどを絵はがきに 日本郵便魚沼地区連絡会が作成、町に寄贈
▼市社会福祉協議会に食品など寄贈 ダイナム十日町店が地域貢献活動で
▼地域の歴史の1ページを記録保存 中里地域まちづくり協が閉校4中学校校歌をDVDに
▼コロナ禍でもバケツ稲、畑体験など多彩に JA十日町「どろんこキッズスクール」開講
▼初めてのアスパラ採り! 若手農業女性グループ「ナカラネ」が親子収穫体験
▼田んぼで温泉アピール 松之山の「棚田アート」で田植え
▼最優秀選手に山賀凪、石沢竜雅 郡市中学校陸上選手権大会
▼遺体は松之山の80代男性と判明 松之山ため池で発見 など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

2021年06月03日

松代・松之山中心に一挙8人が新任 十日町市地域おこし協力隊、家族ぐるみの移住者も

210603_01.jpg

 国の地域おこし協力隊制度を積極的に導入し活動内容や退任後の定着率の高さで全国から注目を集めている、十日町市地域おこし協力隊。この春からは一挙に8人の新隊員が加わり、先月19日には、市役所大会議室で関口芳史市長との面談会が行われた。新隊員には昨年度からは導入されたミッション型の隊員や家族ぐるみで市内に移住した隊員もおり、赴任地での活躍が期待される。
(写真:関口市長と着任した新隊員)
《本紙6月3日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月3日号は・・・・
▼県がワクチンの大規模接種会場を募集 迅速な接種のため官民問わず
▼高齢男性1人が新型コロナ感染 魚沼市の高齢者施設関連で
▼人、建物、農業被害大きく 県が今冬の豪雪被害まとめる
▼対前年比42%と大幅ダウン 津南町の令和2年観光入込みは約20万人
▼秋山郷観光の復興目指す プロジェクト立ち上げ3カ年計画で
▼市発令の避難所情報が変更 「勧告」廃止し避難指示に一本化
▼市の魅力伝え、発展に貢献したい ふれあいの丘支援学校生徒が缶バッジ試作
▼根津義広さんが写真で奨励賞に 第75回県美術展覧会入賞者決まる
▼女子リレーで南中が31年ぶり大会新 郡市小中学陸上、山賀凪が四種で全中参加記録突破
▼来年こそは観月会を 中条三ツ山でスーパームーンの「田毎の月」
▼県消防航空隊と連携して訓練 十日町消防、林野火災想定しヘリで散水
▼生越清允さんが初の個展 大胆な構図、鮮やかな色彩で魅了
▼松代小児童が田植えを体験 FC越後妻有の女子サッカー選手も参加
▼ほくほく線でドア開閉誤り 運転士がホームで停車位置間違う
▼津南町正面で火災 室内や外壁など中心に住宅1棟半焼
▼本紙連載「越後十日町語会話講座」著者・瀧澤政治氏が逝去 など

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS